三重の中小企業診断士・エスモットblog

三重県で経営コンサルタントと企業整理収納マネージャーをしています。日々の話と経営に関わる話と日常の話を発信中

整理することで安全を得る3

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

どんな事故が多かったか

前回まで災害発生件数について紹介しましたが、今回はその内容について深堀りしていきたいと思います。

f:id:esmotto_consul:20210415225429p:plain

全産業では転倒・墜落・転落・無理な動作がTOP3でした。

転倒などは焦って走ったりしていると起こりやすい災害であると予想できますね。また、清掃されていないと、滑りやすくなるため、こけやすい状況を作り出していることになります。

さて、一次、二次産業に限ると、墜落・転落・転倒・挟まれがTOP3となります。
挟まれ、巻き込まれは製造業が災害の発生状況の1位となっており、この災害の防止のためにKY活動や災害防止策をとっている事業所も多くあるでしょう。
また、こういう状況が一番多いと知っておくだけでも意識付けされ、事故の減少につながります。

墜落・転落は製造業、建設業、運送の3業種ともに多く、気を付ける必要があります。
高所での作業の場合、墜落制止用器具を装着する必要がありますが、(安全帯の名称が改められました)
こちらは法改正があり、現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは

2022(平成34)年1月1日までとなっています。

https://www.mhlw.go.jp/content/11302000/000473567.pdf


そのため、特別教育を受ける必要も出てきましたので、忘れずに対応しましょう。

どんな人が災害(事故)をおこしやすい?

災害を引き起こしやすい従業員は以下の3点があげられます。
①意識の低い若手作業員
②自意識過剰のベテラン作業員
③緊急に応援等で違う現場に参加する作業員


慣れすぎている、慣れていない従業員が引き起こしやすいと言われていますので、経営者または担当者は十分な注意喚起が必要と言えるでしょう。

人を叱るのではなく、やり方や物の問題を見つめなおすのも良いかと思います。

f:id:esmotto_consul:20210415225100p:plain

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

整理することで安全を得る2

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

前回は製造業中心の話をしましたが、今回は全産業の半分を占める第三次産業労働災害について話したいと思います。

 

第三次産業(参考:コトバンク
産業の大分類を3部門に集約したものの内、第1次産業・第2次産業以外の産業。
第1次産業は農業・林業・漁業
第2次産業は鉱業・建設業・製造業
電気・ガス・水道・運輸・通信・小売・卸売・飲食・金融・保険・不動産・サービス・公務・その他の産業。
現在の日本において、第3次産業の従業者数は全産業の約75%を占めている。

f:id:esmotto_consul:20210415224958p:plain

参考:厚労省 労働災害発生状況から作成

注目すべき業種は保健衛生業です、6~8%上昇しており、コロナウイルスの影響で災害が起こりやすい要因が重なってしまったのではないかと考えます。
接客・娯楽が少なくなっているのもコロナウイルスの影響で来店者が少なくなった、従業員が減ったなどの理由がありそうです。

第三次産業では、商業が一番比率が高くなっており、小売業においては、建設・運送事業と同等の災害発生数です。
どのような災害が発生したかは次回以降に紹介したいと思います。

そもそも災害を引き起こす要因は何かをまとめました。

  • 作業工程に無理がある
  • 整理整頓がなされていない
  • 現場作業場の安全設備に問題
  • 暗くて細部までよく見えないとき
  • 作業員の気のゆるみ
  • 作業員が安全規則を守らない
  • いつもやっている作業だからと
  • 油断するとき作業員に思いこみや勘違いがある
  • 作業に対する知識や経験が不足しているとき
  • 作業方法が悪い
  • 新入社員教育が十分でない現場
  • 不安全行動に対して厳しくない現場

f:id:esmotto_consul:20210415225100p:plain

このような場所・人・やり方に問題があるときに災害は発生しやすいため、これらの対処が必要となってきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

整理することで安全を得る

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

整理→安全

整理と防災のその先にあるものについて、お話したいと思います。

整理・整頓・清掃・清潔・しつけ、いわゆる5Sと呼ばれるものの先には効率化や生産性向上などの効果が見込めますが、
効果の一つとして安全性の向上が挙げられます。

また、防災活動をおこなうことで、いざというときの安全につながることはいうまでもないかと思います。

普段より、この様な話をしているのですが、現実として産業をおこなうにあたり、どの程度の事故が発生しているかを知った方が良い。と考えました。
そこで、労働災害発生状況を厚労省のデータから確認してみました。

www.mhlw.go.jp

f:id:esmotto_consul:20210415224644p:plain

参考:厚労省 労働災害発生状況から作成

5Sの対象としてよくあげられる製造業はやはり比率が高く、おおよそ20%程度となっています。
次いで建設と運送事業が比率としては高いようです。

災害はついうっかりというタイミングで起こりがちです。
ついうっかりという行動は普段はおこりにくいのですが、以下の状況の時に起こりやすくなります。
①慌てている・急いでいるとき
②作業場の安全設備に問題がある場合
③整理整頓がなされていない現場
④仕事で疲れているとき
⑤暑いとき・寒いとき
⑥雨が降っているとき
⑦規則通りでは作業がしにくい現場
⑧単調な作業が続くとき
⑨寝不足のとき
⑩悩み事があるとき

f:id:esmotto_consul:20210415224348p:plain

このような状況を完全になくすことは難しいと思いますが、なるべくならないように、
疲れている時は休憩を意識的にとるなどをして対処することが必要ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

作業を整理する方法

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

タスクリストを活用しよう

作業を整理するといっても、簡単です。

タスクリストにやることを書き込んで、消化していくだけです。

この際に、作業の負荷が小さいからといって、書かなくても良いというわけではありません。

物事の進め方には以下の4つがあります。

f:id:esmotto_consul:20210414215525p:plain

  • 緊急かつ重要
  • 緊急だけど重要でない
  • 緊急じゃないけど重要
  • 緊急じゃなくて重要でもない

では、どれを書いていけばいいのか?

  • 緊急かつ重要→あとの仕事
  • 緊急だけど重要でない
  • 緊急じゃないけど重要
  • 緊急じゃなくて重要でもない

この3つになってきます。

f:id:esmotto_consul:20210414215633p:plain

緊急かつ重要な作業はすぐに取り掛かるべきで、タスクリストにかかずとも覚えておくことができます。しかし、一時対処をして待ちの状態になると、進捗を確認することを怠りがちです。

そのため、緊急かつ重要も、一時対処が終わった後の進捗をきちんと追うために、タスクリストに書いておくといいでしょう。

ちなみに、作業には単発で終わらないケースが多くあります。

メールする→回答待ち→回答確認→上司に報告→実行指示→進捗確認

例えば上のような流れです。

この場合、タスクリストに新しく書いていくと、どの程度進んでいるのかが分かりにくくなるうえ、タスクリストが圧迫されます。

そのため、一つのタスクリストに書けることを全て書いて、完了したものに二重線で消していくという方法をお勧めします。

進み具合もわかりますし、達成感を味わうこともできます。

タスクリストはやることを忘れずにやるためのリストですので、書くことを忘れないようにすることで、小さな作業が積み重なり、後で苦労する。ということを防ぐことができます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

パラレルワーク広場 第3回! 開催決定!

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

パラレルワーカーを盛り上げたい!

f:id:esmotto_consul:20210413002056p:plain

最近、そんな思いが益々強くなってきました。

企業で働くこと以外に、自分のしたいことをする。そんな豊かな人生にしたい。
そう思っています。

ということで、

第3回 パラレルワーク広場 開催!

peraichi.com

今回は副業・兼業をするために、勤務先にどのようにアプローチしたのか、はたまたその結果はどうだったのか。

そんな話を赤裸々に語ってもらいたいと思っています。

 

第3回パラレルワーク広場 「副業 the リアル」と題して開催します!

 働き方改革がスタートしたとはいえ現実は、会社の価値観、社風によって「副業」に対する捉え方は様々…副業をしたいけれど、会社にどのように交渉したらいいのか悩んでいる方、交渉するために勇気が必要な方は必見です!

パラレルワーカーがゆるく集える広場、パラ広の第3回イベントは、実際に副業を交渉して成功した事例、失敗した事例をそれぞれの経験者に生々しく語っていただきます。

また、「成功事例and失敗事例」をテーマにパネルディスカッション形式で質問に答えていただき深堀します。その後、グループトークで意見交換と懇親をはかります。

●日時

5/8(土)17:00-19:00

●場所

Zoom

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

4月も半ば、変化の月です

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

今週で4月の半ばになります

先日、中小企業診断士仲間での会議があったのですが、皆さん、なかなか忙しそうにしていました。

部署異動があったり、業務変化があったりして、多忙に多忙を重ねている人もいました。

あるいは企業外のプロコンにいっている人もいました。

補助金の申請補助をしている人もいました。

次の企画に向けて打ち合わせもありました。

チームを組むメリット

コロナ禍の今、なかなか仲間と会う機会がありません。

そんな時に、web会議でも会う機会があれば、近況報告ができるので、刺激になります。また、自分一人では抱えきれない案件があった際に、助力を願うこともできます。

また、助力することもできます。

個人でできることも多くありますが、頼れる仲間をつくっておいた方がいいかなと思っています。

 

一方、私も新しいことを始めたり、様々な価値観を持った人の話を聞いたりしました。
4月は補助金関係で忙しかったりするので、体調には気を付けたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

紙の資料をPDFに

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

解析, アナリティクス, ビジネス, 図, コンピュータ, コンセプト, データ, デスク, デバイス

紙の資料が本棚を圧迫しています

色々と活動をしていると、増えてくるのが資料です。

大体の活動では紙の資料となるので、ほっとくとすごい勢いで紙が増えてきます。

すごいです。

ファイルがパンパンになります。

消防団での活動資料を読み返してみると、平成26年の資料を大事に持っていたようです。鞄が重たかったのはこのせいですね。

ということで、整理整頓のために、資料の一斉整理をおこないました。

 

必要なもの、必要でないもの、いざというときにいるもの、よくわからんもので分けていきました。

あっという間になくなりました。

一年前までのものは紙の資料で残し、いざ必要というものはPDFにしました。
残りはシュレッダーです。

整理した結果

ものすごくすっきりしました。

鞄軽くなりました。

たまには整理をすることで、負担がかなり軽くなりますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

コロナ特別枠→低感染リスク型

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

 

www.low-risk-jizokuka.jp

 

昨年、開設されたコロナ特別枠が低感染リスク型ビジネス枠と(やや長い)名前に変わって公募要領が公表されました。

 

補助金

補助上限:100万円
補 助 率:3/4
感染防止対策費については、補助金総額の1/4(最大25万円)を上限に補助対象経費に計上することが可能です(緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者は政策加点の他、補助金額総額の1/2(最大50万円)に上限を引上げ)。

こちらは大きな変わりはありませんね。

スケジュール

受付は6回あるようです。

公募要領公表 : 2021年3月31日(水)

第1回受付締切:2021年 5月12日(水)
第2回受付締切:2021年 7月 7日(水)
第3回受付締切:2021年 9月 8日(水)
第4回受付締切:2021年11月10日(水)
第5回受付締切:2022年 1月12日(水)
第6回受付締切:2022年 3月 9日(水)

 申請方法

申請は、電子申請システム(jGrants)でのみ受け付けます。入力については、申請者自身が、電子申請システム操作マニュアルに従って作業してください。入力情報については、必ず、申請者自身がその内容を理解、確認してください。

申請方法が大きく変わりました。

昨年は郵送もOKでしたが、今年は電子申請システムのみの受付となっています。

このJGrantsですが、申請後使用できるまで3週間はかかるとのうわさです。

補助金関係、事業再構築補助金もそうですが、Jgrantsの使用を促していますね。

補助金を今後活用される予定のある方はJGrantsの申請だけでもしておくと良いかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

肩こりの原因が机にあったとは

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

茶色の木製テーブルに灰色のバランスアームランプ

資料作成を毎日のようにしています

色々な資料を毎日パソコンで作成しているのですが、短時間であれば問題なく、長時間作業をしていると肩が痛くなるようになりました。

リビングの机で作業をしている時はなにも問題がなかったのですが…。

 

よくよく、作業をしている自分の姿勢を見てみると、キーボードの上に手がのっかっているだけで、腕は空中に浮いている状態で作業をしていたことがわかりました。

パソコンを奥に

奥行が狭いことが原因でしたので、パソコンを出来る限り奥におしやり、スペースを確保しました。

しかし、それでも肘は空中に浮いたままです。

そこで、机の奥行きはどのくらいがいいのか調べてみました。

おおよそ、奥行には以下の3つがメジャーなようです。

  • 600mm
  • 700mm
  • 800mm

私が使用しているデスクは570mmでしたので、これらよりも奥行が短いものでした。

そして、様々なサイトでは600mm以下はやはり、「狭い」ということです。

狭いと肩がこる。ということです。

地味~に短いだけで長時間の作業に支障がでるには避けたいですね。

作業に適した机を探したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube

興味を持つ人が増えると嬉しい

強みと特別をもっと外に! エスモットです。

白い紙に書いている人

 

中小企業診断士の1次試験合格者に新名称が、というニュースがありました。

news.yahoo.co.jp

 

中小企業診断士の知り合いの方もこのニュースについてコメントをしていました。

中小企業診断士の試験は1次試験と2次試験に分かれており、1次試験の合格率はおおよそ、20%程度です。年度によっても異なりますが。令和2年度は42.5%でした。すげえ…。

2次試験の合格率はおおよそ20%です。

つまり、1次、2次をストレートで合格するには4%程度ということになります。

 

1次試験を計画的に数年かけて突破される方もいるとのことです。
その様な人に対して、名称を与える。という感じでしょう。

 

んー、私としては「中小企業診断士」という資格自体が知名度低いと感じていますので、知名度が上がって、興味を持ってくれる人が増えると嬉しいな。というところです。

地方の診断士の数は都市部に比べて格段に少ないです。

地方の経済を活発化させるために、経営について興味を持ってくれる人が増えるような取り組みをしていきたいと考えています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

ブログの他にもYoutubeで情報発信 パラレルワーク広場、SANなどに加入しています。

SAN(中小企業診断士ネットワーク)

パラレルワーク広場

エスモットのよろず屋 - YouTube